Domestic and overseas travel, computers and whatnot

Baroque Concert in Church

久々にコンサートに行ってきました。
今回はちょった変わったコンサートで、伊丹健三設計で有名な東京カテドラル聖マリア大聖堂という教会の聖堂内でのバロック音楽と時節柄クリスマス曲のコンサートです。
コンサート専用ホールではないので、祭壇での演奏でした。

ホールに入ると正面には楽譜台やチェンバロが置かれた祭壇が。

教会内の祭壇

後ろを振り向くと残念ながら今回は使われなかったパイプオルガンが鎮座しています。

パイプオルガン

教会なので通常、ミサを行っている長机や長椅子が今回のシートです。前に机があるのもそれはそれで“アリ”かな。
また、そこに着席できない人のためにサイドにパイプ椅子が用意されていました。
今回は奥さんが早めにチケットを用意してくれたおかげで、長机のある席で、前列に近い場所に座れラッキーでした。

コンサートは弦楽器を中心とした10人編成のプラハ・バロック合奏団による演奏。
プログラムはバッハやヘンデル等のバロックの有名な小品をいくつか。
なじみのある曲が多かったので、楽しめました。
また、編成はオーケストラとは違いますが、少人数ながらも広がりのある音で、少人数編成の合奏にもちょっと見方が変わりました。

コンサート・プログラム

祭壇の脇にはクリスマスの時期らしく、馬宿に見立てたエリアにキリストやマリアのフィギュアが飾られ、コンサートの合間に多くの人がカメラを向けていました。

キリスト、マリアのフィギュア

コンサートが終わって、外にでたのは21時頃でしたので、もう、辺りは真っ黒です。
夜の聖マリア大聖堂も美しい佇まいで、都心にも関わらず、多くの星が見られました。

夜の東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂



楽天トラベル株式会社

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア

デル株式会社

レゴ特集【トイザらス】

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>